前へ
次へ
  1. >
  2. アンチエイジングに効果があるオイル

アンチエイジングに効果があるオイル

わたしは、42歳とお肌の衰え(老化)を日々感じています。

アンチエイジングに良いと目にしたり、聞いたりして試して見たいと思ったスキンケア化粧品は値段によりますがためいます。

わたしが気になっている肌の衰えは、肌のくすみ、しみ、毛穴たるみ、張り不足です。

いろいろ試して行くうちにアンチエイジングに効果のあるオイル(わたしはローズヒップオイル)に、はとむぎの粉とハチミツ、シナモンパウダーを混ぜて顔にパックしています。

ローズヒップオイルはビタミンcが豊富で抗酸化効果もあるから毛穴たるみとかの老化に良いし、ハチミツは抗酸化作用、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など豊富だし、シナモンは血管の修復や強くして、はとむぎは顔イボがあったから混ぜて夜パックしてそのまま寝てます。

はじめてから半年たちますが、顔のくすみがとれてきて明るくなったり、毛穴たるみ、しみも薄くなってきているような感じがするから、わたしはこれからもこのスキンケアを続けて行こうと思っています。

保湿スキンケア

スキンケアで一番大切なことは保湿だと思います。

乾燥はしわの原因であるだけでなく、実はニキビや吹き出物の原因でもあります。

以前慢性的なニキビに悩まされていて、とにかく必死に洗顔をして顔の皮脂を取り除くことを第一に考えていました。

しかしニキビが改善されることはありませんでした。

皮膚科で相談したところ、皮膚が乾燥するとそれを補おうと皮脂が余分に出てしまうと教えてくれました。

それで、洗顔よりも保湿を十分に行うスキンケアをするようになりました。

特に肌に浸透して保湿できるセラミド化粧品がおすすめです。

ニキビもおさまり、今ではメイクのノリもよくなりました。

スキンケアは気が向いたときに時々。あえてやり過ぎないのがちょうどいい。

普段は対外的な仕事をしていないのと職場もメイクをしても意味がないところなのでメイク自体をしません。

メイクをしないとクレンジングもしないのでアフターケアもしません。

巷で言われるスキンケアはしてないのですが、最低限の洗顔とその後のケアくらいはします。

洗顔もこだわりはあって、必ずネットで洗顔フォームをしっかり泡立てて肌をこすらないのは鉄則で、泡で包むようにやさしく洗います。

洗い流す時も手が肌に当たらないようにぬるま湯だけで流します。

肌にとってこするということが一番のストレスになるのです。

洗顔後ももちろんタオルを押し当てて水けを取ります。

その後のケアはワンステップで済むようにオールインワンジェルをつけて終わりです。

たまにターンオーバーする肌のリフレッシュのためにピーリングをします。

古い角質を取ることも肌のためには大切です。

女子力が低いと自覚はしてますが美容の専門家から聞いて、自分でできる最低限のスキンケアで結構満足してます。

Page Top